私がSoundCloudを利用しなくなったわけ

音楽を作ったらアップロード。フォロワーさんに聴いてもらって感想を書きこんでもらって盛り上がる。SoundCloudって、DTMerにとってとても便利なシステムで、私も以前はお世話なりました。
このsoundcloudが、財政難で消滅するという記事が、駆け巡りました。
http://gigazine.net/news/20170714-soundcloud/
私も、以前はとても重宝していたのですが、最近はほとんど使わなくなりました。
私にとってSoundCloudを利用しなくなった理由とは何か。
それは、iPadでアップロードやアイキャッチ画像の変更など、細かな管理ができないことです。
厳密に言うと、数年前からできなくなってしまったんです。
私は、音楽制作以外のサイト管理をほとんどiPadで行なっていて、自宅PCのStudioOneで制作した楽曲を一旦Dropboxに置いて、それを外出先でチェックして、気になるところを自宅に帰って修正しています。
そして、曲が完成したら、iPadでサイトにアップロードしています。
サイトのプラットホームがWordPressであれば、サイトの細かい管理もすべてiPadで完結できるので、結局のところSoundCloudはもう必要ありません。作品の共有化であれば、twitterで十分です。
どうも、iOS上では視聴者向けのツールになっていて、クリエイターの事をあまり考えていない気がするんですよね。
もし、今後SoundCloudが改善されて、iPadで管理できるようになれば、有料版も使っても良いと思うのですが。
しばらくは様子見です。